毛玉ケアのために注意したいこと

毛球症(もうきゅうしょう)ということばを聞いたことがありますか?

猫はグルーミングの為に毎日何度も被毛を舐めてきれいにしています。このときに飲み込んでしまった被毛が胃や腸で固まりヘアボールを作ることを毛球症と言います。

恐ろしい病気のように聞こえるでしょうか?

長毛種のグルーミングでは舐める被毛の量も多く、時には歯に絡まったりしていて、口から毛が垂れ下がっている光景を見かけます。

ほとんどの被毛は飲み込んでしまうようですが、食べたいものではないらしく、できるだけ首を振って吐き出そうとはしています。

手に負えないなあと感じたときはあきらめて立ちつくしています。こういうときは口に入りかけた被毛を即座に引き抜いてあげないといけませんね。

では、大量の毛が胃や腸に入ってしまったらどうなるのでしょうか? 想像すると不安になりますね。

時には恐ろしく、手術が必要なケースも

猫が吐き出せる程度の毛量ならまだ良いのですが、腸に滞ったものは日々蓄積され固められフェルト状になってしまいます。そして正常な消化を妨げてしまいます。また食欲不振に陥ります。

短毛種でも毛球症にかかることはあります。長毛種の方が危険性が高いのは当然ですね。でも、ヘアボールを取り出すために手術が必要になったというケースは、あるにはあるのですが、心配するほど多くはないのです。長毛種ブリーダーの仲間内でもほとんど聞きません。

多くはないものの、腸に詰まって腸閉塞を起こしてしまったら開腹手術で取り出すしか方法がありません。日々のグルーミングの結果、毛球症で手術しなければならないなんて、気の毒すぎます。だからこそ、日常「猫への応援ケア」が必要となってくるのです。

日常「猫への応援ケア」としてすべきことは

毛玉ケアのためのキャットフード

毎日飲み込んでいる被毛ですから、体に良くないだろうとは想像できます。そして、不安になったときに心強いのが、毛玉ケア用キャットフードです。
植物繊維がたくさん含まれているので、腸内に滞らせずに便として排出させる効果の高いキャットフード…ということです。
日常ブラッシングすることが必要

特に換毛期には注意する必要があります。室内の掃除もまめにしなければなりません。

換毛期が近づくと、あらかじめ毛をカットしておくという人もいます。

猫草を置いておくという対策も有効

猫は本能で自分に何が必要かを見極められる、はずなのです。
猫草を食べるのは、何かしら食べたいかな、と思っているのか、いや、最近毛玉が溜まってきているから吐き出しておかないとマズイそ、と考えてのことなのか・・・定かではありません。

しかしながら、吐くことは確かです。
嘔吐物をよく見ると、多少被毛が入っている場合、全く入っていない場合、猫の食道の太さを実感できるほどのソーセージ状毛玉が入っている場合、とそれぞれです。

猫草を食べたら吐く、ということは、それだけでも毛球症予防には有効だということがわかります。

では、毛玉ケアのためのキャットフードが最善策なのか?
毛球症予防として、日常「毛玉ケアのための療法食キャットフード」を与えることが最善なのか? ということについては、否定的な見解を持っている人も多いですね。

理由のひとつは、今ではたいていのキャットフードが「毛玉ケアに良いのですよ」と謳っているからです。毛玉ケア対策は、食物繊維を多く含めることです。つまり炭水化物の配合が多いわけですね。それをもってして「毛玉ケアに良い」というだけでは、納得できないところがあるのです。

日常的に「毛玉ケア用療法食」を必要としている猫であるなら、獣医師に相談して、処方薬を飲ませる方が安心です。

猫草を食べて、毛玉を吐き出せたり、便と一緒に排出できる猫であるなら、「毛玉ケア」のタイトルを真っ先に注目する必要はないのです。

日常的には猫のために栄養素がぎゅっと詰まった、高タンパク低炭水化物の栄養バランスの良いフードを与えることが猫の健康なからだを作ります。立派に毛玉が吐け、しっかり排泄できる健康なからだ作りの方が重要なのです。

毛球症を心配しすぎるあまり、猫が本来必要としている栄養のバランスを崩してまで「毛玉ケア」に特化する必要はありません。

まとめ

毛玉対策を考えることは正しいことです。
猫はグルーミングで被毛を胃や腸に溜めてしまいがちです。何か様子が変だな、と思ったら動物病院でレントゲンを撮ってもらい、アドバイスを受けましょう。

毛玉を吐き出したり、便で排泄できている状態であるなら、キャットフードは食物繊維を通常より多めに入れているような「毛玉ケア」に特化したフードを選ぶ必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です