猫に薬を飲ませるときはキャットフードやサプリメントを上手く利用しよう

猫に薬を飲ませるのは至難の業

大切な猫が病気にかかったりしたら、それだけで心折れます。
なのに、嫌がる猫に薬をのませなければならないとき、心を鬼にしなければならなくなりますね。

そういう時に試していただきたい「裏技」をピックアップしてみました。
何がベターなのか、試行錯誤するしかありません。

処方された薬は、指示された通りに服用するのが良いのです。今日は飲ませられなかった・・・で終わらせないようにしましょう。

また、ここに挙げた方法については、猫の具合や状態にもよります。動物病院でも一度相談されることをおすすめいたします。

病院で処方してもらう時に選択してもらいたいこと

動物病院で薬を処方してもらうとき、その薬によっては聞かれますよね?
「粉にしますか? 粒のままがいいですか?」と。

粒、つまり錠剤のままゴックン飲み込んでくれるのであれば、猫にとってもラクで良いでしょうに。

しかし、現実はそうはいきませんよね。猫は自分から飲み込もうとしたもの以外は異物、危険物と感じ、どんな態勢をとってでも吐き出します。飲み込んだふりをして別の場所で吐き出していたりします。

猫の場合、確実に服用してもらうためには、粉状の方が良いでしょう。ただし、すりつぶしても良い薬なのかどうかは、獣医師に訪ねてからにしてください。

粉薬を飲ませるワザ

まずは処方してもらう時に猫の病気や状態を一番わかっている獣医師に、猫の性格を伝えて相談することから始めてください。

「うちの猫に薬を飲ませる自信がありません!」とか、相談してください。

獣医師は、特定の療法食をすすめてくれるでしょうから、薬と混ぜ合わせられそうな療法食を選んでくれるかもしれません。

そうでなければ、チューブに入ったペースト状の栄養剤を出してくれることもあります。

薬を飲ませるためには、試行錯誤が必要です。

食事にあまり気を使わなくても良いような、まずまず健康な状態にある猫には、次のような方法も試してみてはどうでしょうか?

①粉薬にマタタビかキャットニップの粉末を加える

「猫の病気には、木天蓼(もくてんりょう)の粉末を餌に混ぜて与えると良い」と言われています。木天蓼とはマタタビの特定部分の生薬の名前ですが、ここではマタタビの粉末と単純に考えてけっこうです。

キャットニップの粉末でもかまいません。

ですが、マタタビの方がより少量の使用で済むという利点があります。ほんの少量、ひとつまみ、というよりも、指先にくっつくくらいのパラパラ量から始めてください。

ごく少量ですよ!

粉の薬にマタタビの粉を少量ふりかけ、水で練るのです。水の代わりにウェットフードのスープでも良いです。
そして、猫の口周り(歯茎が一番よい)に塗ります。

口からこぼれたものは、前足の舐めやすいところに塗っておきます。
猫の毛づくろいする、毛を舐める、という習性を利用するのです。
薬を確実に服用したかどうか、前足を舐めている姿で確認できる良い方法です。

何をやっても猫に薬を飲ませられない!という時の必殺技にマタタビを試してみてください。
②ペースト状の栄養剤に粉薬を練りこむ

動物病院で、チューブに入ったペースト状の栄養剤を買うことができます。通販でも買えるようになってきました。

粘度が高く、これに粉薬をまぜて団子状態にして、猫の歯茎に塗る、という方法を長年やってきました。残念ながら、これでも失敗することはあります。

それは、このような栄養剤を喜んで舐める猫もいますが、拒否する猫も多い為です。
ただ、チューブ入りの栄養剤は、粘度が高いので粉薬を練りこむのに最適です。
その分、被毛にくっつくと除去するのに苦労しますが、そこは猫に舐め取ってもらいたいところです。

これら栄養剤の味が好きかどうかという割合の問題を考えるならば、マタタビフレーバーにしてしまうのが良いという結論です。

マタタビ自体は辛苦い味です。少量フレーバーとして、栄養剤にトッピングすることも試していただきたいです。口からこぼれ出たものは、前足に塗ることをお忘れなく。

スポイトや注射器を使って口の中に流し込む

①②は薬を練りこんで猫に舐めてもらう方法でした。
これは、水の量を少し増やし、粉薬を溶かします。それをスポイトや注射器(針無し)で猫の口の中に垂らす方法です。
注意していただきたいのは、スポイトなどの大きさです。

大きすぎると一気に液を噴射してしまい、誤嚥する危険性もあります。

スポイトがソフトプラスチック性だと、猫が噛みちぎったり、指に噛みついて怪我をする危険性もあります。

スポイト等で飲ませる時は、猫の喉の奥の方をめがけて一気に噴射するのはやめてください。
猫の顔を45度くらい上に持ち上げ、横の歯の隙間からスポイトで流し込みましょう。

このような飲ませかたを経験された方は多いと思います。なかなか理想通りに経口投与できなかった、という方も多くいらっしゃるでしょう。

その時はもうひと手間加えてみてください

ハードプラスチック製の注射器の突起(噴射口)のサイズに合うゴムチューブを3cm程度、装着させます。
場合によっては、もっと長くすることもあります。イメージは人間の「経管栄養」です。
猫が味覚を過剰に感じないように、より喉に近いところに流し込みます。

チューブが長くなることで、注射器だけで飲ませる時よりも、流し込むスピードがゆっくりとなり、猫がほとんど味覚を感じることなく薬を服用させることができます。

短時間で確実に飲ませるには一番良い方法です。病気というだけで猫も辛い思いをしています。薬はより負担の少ない方法で飲ませたいものです。ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です