肥満猫のためにおすすめしたいフードと注意点

猫の世界にも、肥満、ダイエットの問題があります。

では、その猫の肥満の原因は何でしょう?

猫の肥満、その本当の原因を知っていますか?
病的なものでしょうか? ただの食べすぎでしょうか?

肥満とは、猫の適正な体重よりも15%以上増加している状態を言います。

適正体重は猫の種類にもよりますので、一般的には太りすぎかも? と感じたら肥満と思ってください。おなかの脂肪がたぷたぷしていたら、立派な肥満です。

キャットショーに出てくる猫でしたらプロポーション重視ですので、飼い主さんも大変行きとどいた管理をされています。

でも、そうじゃないから、ということで、好きなだけ食べる、運動はせず寝ているだけ、という毎日でしたら、猫も必ず肥満になります。

ねこまんまの時代が去り、プレミアムキャットフードの時代です。栄養満点、しかも美味。わかっているけど、おねだりされてついつい。気づけば肥満体形になっていた、というケースが多いですね。
避妊・去勢は肥満化へのドア

それまでスリム体型であった猫が避妊・去勢手術をきっかけに肥満することは仕方ないことです。発情のストレスが無くなったわけですし、刺激を求めて動き回ることが少なくなりますから、食べることへの関心度ばかりが高まるのです。

この時期に肥満化へと進まないようにしっかり管理することが必要となります。

内分泌系の疾患などで起こる肥満

まれに、甲状腺機能低下症、高脂血症、クッシング症候群などにより肥満が引き起こされます。
ということは、猫が太ってきてかわいくなった、と喜んでばかりもいられません。今後の健康で長生きしてもらう為にも、早期に動物病院で健康チェックしてもらうことが本当に必要なのです。そして症状に合った療法食を教えてもらいましょう。

肥満猫の減量にあたっての注意点

人間は、ダイエットの為に突如無謀な食事制限を始めたりします。
肥満とはいえ、せいぜい10kg程度の体重の猫に、極端な食事制限や食事の変化を与えることは厳禁です。

極端なダイエットをさせると、猫は「飢餓状態」を感じてしまいます。ゆっくり時間をかけて、少量ずつ、猫に気づかれない程度に少量減らしていくようにしましょう。猫にストレスをかけないこと、これがダイエットの鍵です。

減量食を利用する

栄養のバランスを考えながらダイエットさせるには、肥満猫用の療法食の利用をおすすめします。しっかり食べたという満腹を満たし、しかも必要な栄養を保ちながら、低カロリー、低脂肪の療法食を続けることで、以前よりダイエットが可能となるのです。
療法食で注意する点

肥満猫はたいてい成猫になっているはずですが、もしまだ成長期にある猫であったり、病的な原因で肥満傾向にある猫に対しては、安易に減量用の療法食を与えてはいけません。
病気ではなく、まだ成長期にある猫ならば、ダイエットを考えるよりもまずしっかりと栄養を摂って体の成長を待つ方が良いのです。若いうちからダイエットをさせないように気をつけましょう。
おすすめする肥満猫用の療法食 サイエンスダイエット

おすすめしたいのは、サイエンスダイエットシリーズの中の次のものです。

・サイエンス・ダイエット ライト (肥満傾向の成猫1歳~6歳用)
・サイエンス・ダイエット シニアライト (肥満傾向の高齢猫用 7歳以上)
低脂肪・低カロリーなのは当然です。シニアライトではライトよりも若干、脂肪分 カロリーともに少なくしてあり、脂肪分約49%オフ、カロリー約18%オフとなっています。こういったキメの細かさがあるところが、このメーカーの優れたところです。

サイエンスダイエットは日本での歴史が古く、愛用者・愛用猫の数はダントツに多いのではないでしょうか。名前の通り、ダイエットを考えた時には多くの方がまずこのドライフードから選ばれていますね。
また、さまざまな状態の猫に対応できるように、ライフステージ別、室内猫用、毛玉ケア用、避妊・去勢猫用と目的別に開発されているところが素晴らしく、おすすめしたい理由です。

キャットショー参加者やブリーダーさんの中にも、長く愛用されている方が多いのもこのメーカーの製品です。

さいごに

猫の適正体重は種類(ブリード)によって違います。ショーキャットでないならば、成長期でのダイエット、またはダイエット療法食を与えたりせず、運動量を増やして健康な体を作ることが大切です。

単なるダイエットだからと自己判断せずに、獣医師のアドバイスを受けることをおすすめします。

肥満はさまざまな病気へのドア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です