猫に生肉を与えることについて

キャットフードを探していると、よく「猫は肉食動物だから肉類のタンパク質を多く含むフードが良い」ということばを見聞きします。

では、生肉は食べさせてよいのでしょうか?

もちろん、良いのです。

肉食動物はもともと狩の獲物の生肉を食べていて、野生の猫は煮魚や、焼き鳥を食べていたわけではありません。猫の胃酸は強力で、もともと生のお肉に含まれる細菌を死滅させる仕組みを持っています。

しかしながら、豚肉等では寄生虫の問題もありますので、「生肉は危険、加熱調理したものでなければならない」という信条をお持ちのかたはそれに従っていただいて良いのです。それもまた正しい選択です。

汚染された水を飲んだり、汚染された肉を食べることはとても危険なことであることは間違いないので、飼い主にできる最善策はより新鮮で安全な食材を猫に与えることですね。
酵素というキーワード

猫も犬も、動物は体内に潜在酵素をもっています。ちょっと食べただけで太る、とかいくら食べても太りにくい体質というのは、酵素が消化吸収に大きくかかわっているのです。

体内の酵素は年と共に減っていのですが、食物から酵素を摂取して補うことは必要なことと言えます。

生肉には食物酵素が含まれています。当然、加熱すれば酵素は破壊されるので、生で食すことが必要なのです。

生の肉には必須アミノ酸やビタミン類が豊富に含まれています。また、猫が生肉を食べるのは本能なのです。

ただ、キャットフードに慣れている猫がすべて生肉を喜んで食べるかはわかりません。
スーパーで新鮮でおいしそうな肉を見つけ、買ってみたものの、猫は「ヘンな臭いがするぞ、まずそうだ」と評価することも多々あります。
猫に生肉は必要なのか?

もともと肉食動物だったのだから、生肉だけ与えておけば十分なのでしょうか?

これについては、十分だといわれる専門家もいるようですが、その場合のお肉の意味を勘違いしないようにしないといけません。

野生の猫が獲物を仕留め食すのは、獲物丸ごとでした。

元来肉食動物は、獲物の内臓から骨まで、丸ごと食べることで必要な栄養素を摂取しています。肉にはタンパク質、内臓にはビタミンやミネラル、骨にはカルシウムなどが豊富に含まれており、生きるための本能から丸ごと食べて空腹も栄養も満たして生きてきたのです。

今の家猫たちは美食家ぞろいですので、新鮮な魚でも内臓や骨、しっぽまで食べようとはしませんね。
「生肉だけで十分か?」

「生肉で十分です」といっても、どの肉の、どの部分を与えれば必要十分か?という問題があります。結論から言えば、猫の健康に必要な栄養素をすべて満足させられるような生肉を調達する方法を、私たちは持ち合わせていません。

一般的には、生肉は、猫の健康維持のための副食として捉えるのが良いのでしょう。
もちろん、この場合、主食としている総合栄養食のキャットフードの量を少なめに調整することが必要です。

食欲がなくなってきたかな、と思うようなときには、猫を喜ばせるためにも生肉の検討をおすすめします。
猫用生肉を販売する信頼できるショップから購入を

ブリーダーさんやキャットショーに参加されている方の中には、「猫用生肉」を購入されている方も多くいらっしゃいますね。
ショーキャットは被毛や目の輝き、健康な骨格作りのために、生肉が必須とも言われています。

また、腎不全を患っている猫などは市販のキャットフードでは対応が困難なケースがあり、手づくりフードに生肉を使用されている方も多くいらっしゃいます。
ネット通販でも生肉は買えます

ブリーダーさんやキャットショーの参加者は、地元の信頼のおける精肉店や通販会社から生肉を購入しています。

ネット通販で、牛肉、豚肉、鶏肉だけでなく、馬肉、羊肉、七面鳥、ワニからカンガルーまで買うことができます。
注文すれば冷凍された生肉が自宅へ届きますので、冷蔵庫内で自然解凍するか、袋に入れた状態で氷水につけて解凍します。
何より肝心なのは、鮮度が保たれている内に早めに食べさせてあげることです。
おすすめしたいのは、馬肉、羊肉、七面鳥

馬肉は、牛肉や豚肉に比べ、タンパク質、鉄分が多く、低カロリー。牛肉より脂肪分が約10分の1、天然ミネラル・鉄分・グリコーゲンはより多く含まれています。

ブリーダーさん達が牛肉より馬肉を愛用され、獣医さんもおすすめするワケがここにあります。猫が貧血を起こしているときなど、馬刺しをすすめる獣医さんは多いです。

馬肉、羊肉、七面鳥は食物アレルギーを起こしにくいというメリットもあり、牛肉や鶏肉よりもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です