安全なフード選びの為に知っておきたいキャットフード事情

狩に出かけられない スーパーで買い物もできない、そんな家猫の健康管理はすべて飼い主の責任です

賢く責任ある飼い主は現在のペットフード事情を知っておかなければなりませんね。安全なキャットフードを選ぶためのキーワードを挙げていきます。

総合栄養食であって優良キャットフードと呼べるものを探そう!

キャットフードは「総合栄養食」「間食(おやつまたはスナック)」「療法食」「その他の目的食(サプリメントなど)」に分類され、表示することとなっています(ペットフードの表示に関する公正強制規約ならびに施行規則)。

「総合栄養食」とは、毎日の主要な食事として給与することを目的とし、このペットフードと水のみで各ライフステージ(成長段階)における健康を維持できるような栄養的にバランスのとれたもの、と定義されています。

まずはこの猫の主食となる総合栄養食を選ばなければなりません。キャットフードは水分含有量によって呼び方が違っているのです

キャットフードは、水分含量によって次のように分類されます。

  • ドライタイプ 10%程度以下
  • ウェットタイプ 75%程度
  • セミモイストタイプ 25~35%程度
  • ソフトドライタイプ 10~30%程度

猫の年齢や体調によって選びますが、一般的には総合栄養食であるドライタイプから選ぶ必要があります。

ドライタイプを選ぶメリットとは?

猫の「成長段階における健康を維持できるような栄養的にバランスのとれたもの」となれば、ドライフードの他には考えられなくなります。それはこのような理由からです。

  • 食餌量の管理がしやすい
  • 重量当たりの栄養価が高い
  • 費用対効果が良い
  • 保存しやすい
  • 猫がカリカリ感を喜ぶ
  • 歯垢が付きにくく歯の健康に良い

水分は別途新鮮な水を飲むことで摂取すれば良いので、フードの水分含有量は少ない方が良いということですね。

優良キャットフードを示す「プレミアムキャットフード」の定義はあいまい

通常品にたいして「上等品」という意味で「プレミアム」ということばを見かけますが、ですが、正しい定義があるわけではありません。

当然、価格のみで判断されるものではなく、セールスコピーとして使われているかいないかでフードの優劣を決めることはできません。

「うちの猫にとってより優良なフードは何か?」中身でしっかり吟味していきましょう。

「プレミアム」の語源は?

「他の物より価値があること」「上質」を意味します。

希少価値が付加された場合に、正規の料金に「上乗せされる金額」を意味することもあります。

なるほど。「プレミアム」が付いているペットフードは値段も高いものが多いですね。

自社商品の優良性を訴えたい時に「プレミアム」をくっつけたいのはわかりますが、逆効果として「上乗せ金額」と読める場合もあります。

原産国や企業努力によって価格は違います。価格が高ければそれだけ「プレミアム」になっているわけでもありません。プレミアムのことばを使用していない優良のキャットフードもあります。

グレインフリーかグレイン低配合を選ぼう!

グレインフリーとは

グレインとは穀物(小麦、とうもろこし、大豆、米、大麦など)のことで、炭水化物の代表選手です。グレインフリーとは穀物を使用していないことを表しています。

グレインフリーが望ましいワケ

猫は元来肉食動物であり、必要な栄養素はたんぱく質と脂質。

約5000年の歳月を経て家猫化されたとはいえ、肉食から雑食へ変化してしまった! とは言えません。生体の維持に必要なのは、タンパク質、脂質、ミネラルおよび微量元素、ビタミン類、炭水化物です。

穀物類の炭水化物を多く摂取すると猫の消化機能は追い付かず、また、小麦などはアレルギーを引き起こす原因になりやすいので、なるべく少量の含有に留めているものが望ましいのです。

グレインフリーは本当に良い選択肢なのか?

猫は肉食動物だから、穀類ではなく肉類のフードが重要です。
望ましい、というのは、全くフリーである必要性があるか、それについては疑問なところです。
炭水化物はエネルギー源として必要な栄養素であり、含まれる繊維質は毛玉ケアには有効です。この為、キャットフードに使用しているメーカーも多いのです。

もちろん、中には安価な原材料を使用してコストカットの為だと揶揄されるケースもあります。

ともかく、間食や補助食として炭水化物入りのウェットタイプを与える方、与える可能性のある方には、主食はグレインフリーを選択されるのが良い選択と言えるでしょう。
原材料の品質を知る~オーガニックという選択肢もできた!

キャットフードに使われている原材料を詳しく知った上で猫に与えることが大切です。

「原材料名」の文字を記載した上で、原則として使用した原材料全てを記載する。
添加物以外の原材料は、原材料に占める重量の割合の多い順に記載する(ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則 第3条の7)こととなっています。
高品質なフードを選ぼう!

「ビーフ」「チキン」「まぐろ」等特定の原材料を、ペットフードの内容量の5%以上使用している場合でなければ、名前にも絵や写真にも説明文にもこれらの原材料を使用しているという表示をしてはいけない(ペットフードの表示に関する公正競争規約 第7条)。

また、原材料は、重量の割合の多い順に記載することとなっています。

このような形で、ペットフードの表示については細かく規制されているのです。

ですので、原材料欄にチキン、サーモンといった特定の名称でなく、「ミートミール(肉粉)」「家禽ミール」「ミートボーンミール(肉骨粉)」「肉副産物」と表示されていたとしたら、もう何が使用されているのかさっぱりわかりません。

しかも、それ肉らしきものが人間消費の余りものであったり、他に利用価値がないからペットフードになったのだとしたら、消費者として大変ショックを受けますよね。

まずは日本における表示の規則を知り、原材料をしっかり把握し、猫にどれだけ高品質なものを与えるか、それは何の肉なのか、また、肉がどの割合で配合されているのか、最低限知っておかなければなりません。
「オーガニック」が望ましい

人間でも有機野菜が望ましいように、体の小さな猫の場合、少量でも農薬等の化学物質が体内に取り込まれることの危険性は大きいと想像できます。

オーガニックのキャットフードができた理由には、「フードに含まれる化学物質に敏感に反応する猫がいる、その猫にとっては有機素材でなければ生命に危険を及ぼす」からなのです。

「体調が悪そうなんだけど原因がよくわからない」なんていう時は、オーガニックキャットフードで様子を見る、ということは良い選択肢です。

こうゆうフードが開発され、購入できるようになったのはありがたいことですね。
アレルギー発症物質、危険な化学物質なんて 無添加がいいに決まってる

何よりも、化学薬品や化学的な酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシキン)などの添加物が入っていないものを選ぶようおすすめします。

小さな体で、毒素を体外へ排出する力が小さい猫にとって、少量でも蓄積されると恐ろしい影響が出るでしょう。普段の食事からは取り込みたくないものです。

添加物の表示について

添加物については、原則、使用したものを全て記載、
甘味料、着色料、保存料、増粘安定剤、酸化防止剤又は発色剤として使用されるものについては、用途名も併記する(ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則 第3条7-イ)と定められています。

キャットフードに添加物が使用されるのは当然なんだよ、というようにも読めたりしますが。

そうではなく、添加物は危険だから、しっかり表示しましょうね! ということだと解釈して、パッケージの表示を信頼するしか方法はないですね。

実際、この添加物の記載をしっかり見てからキャットフードを選ぶ、という人は本当に増えてきました。
その
そこで、この添加物の記載中に、こんな物質の名が有る場合、多ければ多いほど健康への悪害が懸念される、と覚えておきましょう。

・酸化防止・防かび剤など → BHA BHT エトキシキン アフラキトシン プロピレングリコール

・着色料 → ○色△号 硝酸ナトリウム 亜硫酸ナトリウム

・甘味料・香辛料 → ビートバルブ グルテンミール ソルビン酸 亜硫酸ナトリウム

何が入っているかについては…?

添加物のうち、少量であって成分の影響を及ぼさないであろうものについては表示義務の例外となっている場合がありますので、厳密なことは消費者には不明ですね。

つまるところ、信用度の高いメーカーとその工場で作られているかどうか、そこの見極めが肝心なのですね。
今与えているキャットフードはその猫のライフステージに合っていますか?

総合栄養食の表示は、フードを与える猫がどの成長段階にあるか、つまり猫のライフステージについて分類表示するよう義務付けられています(ペットフードの表示に関する公正競争規約施行規則 第4条)。

① 妊娠期/授乳期
② 幼猫期/成長期又はグロース
③ 成猫期/維持期又はメンテナンス
④ 全成長段階又はオールステージ
ライフステージって気にしないとダメなの?

結論から言えば、気にしてください。猫も成長し年を取りますので。

子猫は急速に成長するため、成猫よりも高タンパク、高カロリーの食事が必要です。
ですが、成猫のようには内臓が発達していないので、配慮が必要なのです。

また、シニア猫は内臓機能がしだいに衰えていくため、消化吸収が良いもので高タンパク低カロリーが適してきます。

猫も人間と同じ動物。ステージ別の食事の方が健康管理にはベターですよね。
猫のライフステージ別に作られているフードを選ぶメリット

④「全成長段階」として幼猫から高齢猫まで、与え方や分量を変えるだけでいいんですよ、というものもあります。

①~③の全ステージを同一フードで切り抜けましょう、というのはかなり無理があります。

便利そうに聞こえるけれど、むしろ飼い主の管理が追い付かなくなるリスクがあります。

好ましいのは、各ライフステージに適したフードを製造しているメーカーの製品を選ぶことです。

それは、成長や健康状態によって、他のステージ用のフードに替えても量の増減の目安がわかりやすいというメリットがあるからです。

メーカーのコンセプトが一貫していて、各ステージごとに適した栄養成分が配合されているならば、別のステージ用のフードに切り替えても、極端な成分変化や味の変化があるわけではありません。

成猫であっても、痩せてきたなあ、より高カロリーに戻したいなあ、という時に、しばらくの間、以前馴染んでいた幼猫期の味に戻してみることもできます。

他社製品に替えるよりは、馴染みのある味の方が猫にとって良いケースもあるということです。

まとめ

安全なキャットフードを選ぶときには以下の点に気をつけましょう。

1 猫の状態を知る → ライフステージ、フードアレルギーの有り無し、病気にかかっていないかどうか、状態を知ることが出発点。
2 猫のライフステージに合った総合栄養食をまず決める → ステージ別に必要栄養素は違っていることを認識する。
3 総合栄養食はドライフードとする → ウェットフードは補完用、間食やサプリメントは食欲増進栄養補完として必要最低限とする。
4 主食の総合栄養食はタンパク質が多く含まれているものを選ぶ → 原材料を良く知る。何の肉なのかが明確にわかるものを選ぶ。
5 パッケージの表示をよく読み、紛らわしい表示には騙されない → 表示に不明点がある、知りたい情報が抜けているようなものは避ける。
6 添加物は無配合が良い → 見た目の色が悪かろうと腐りやすかろうと、猫にはメリットがなく、危険性あるのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です